奇蹟の正倉院宝物 : シルクロードの終着駅

米田雄介 著

五弦琵琶は、世界中でただ一つ正倉院にのみ実物が伝わる。螺鈿が施された異国的な意匠のこの琵琶は、天平人の耳にどう響いたのか。これらの楽器のほか、遊戯具として伝わった囲碁・双六・投壷、「しきり」としての幔幕・帳・屏風など、のちの工芸美術や文化の礎となった正倉院宝物の数々-。東大寺に収められた聖武天皇遺愛の品から始まるこれら正倉院宝物の受容と展開の歴史を、その魅力とともに解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本の古代国家と正倉院宝物(正倉院宝物を考える視点
  • 七世紀初頭から八世紀前半期の国家的課題 ほか)
  • 2 正倉院宝物・宝庫の成立(正倉・正倉院とは何か
  • 『国家珍宝帳』に所載の宝物 ほか)
  • 3 正倉院宝物の素顔(漢字・漢文
  • しきり ほか)
  • 4 正倉院宝物の受容と展開(『国家珍宝帳』から見た宝物献上の意味
  • 『種々薬帳』から見た宝物献上の意味 ほか)
  • 結びに代えて-奇蹟の正倉院宝物を守り続けたもの(開閉封の儀式
  • 奇蹟の宝庫-延焼を免れる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奇蹟の正倉院宝物 : シルクロードの終着駅
著作者等 米田 雄介
書名ヨミ キセキ ノ ショウソウイン ホウモツ : シルクロード ノ シュウチャクエキ
シリーズ名 角川選書 478
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2010.10
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703478-5
NCID BB03762062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21842196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想