指紋論 : 心霊主義から生体認証まで

橋本一径 著

19世紀後半、身元確認の手段として発見された"指紋"が与えた知られざる衝撃。指紋を残す「幽霊」たち、指紋捜査に冷淡な名探偵ホームズ、指紋採取に対する市民の嫌悪感情-。社会問題からオカルトまで歴史の謎めいた諸断片を渉猟し、近代的主体の変貌を鮮やかに描き出す逆説の身体‐社会論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 幽霊の身元確認
  • 第2章 死者の身元確認
  • 第3章 犯人の身元確認
  • 第4章 痕跡の身元確認
  • 第5章 市民の身元確認
  • 終章 「私」の身元確認

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 指紋論 : 心霊主義から生体認証まで
著作者等 橋本 一径
書名ヨミ シモンロン : シンレイ シュギ カラ セイタイ ニンショウ マデ
出版元 青土社
刊行年月 2010.11
ページ数 230, 78p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6496-9
NCID BB03761649
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21839413
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想