解離の構造 : 私の変容と〈むすび〉の治療論

柴山雅俊 著

解離性障害の診断は実際には簡単ではない。本書で述べる多くの症候が初期統合失調症にみられる症状ときわめて類似しているため、統合失調症と誤診される可能性は高いのである。解離性障害であるか否かについて正しい判断をするためにも、解離の症候学や病態への理解はさらに普及されなくてはならないであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 解離の症例(ヒステリーの時間・空間性障害についての一考察
  • 意識変容を呈した解離性障害の一症例-解離性意識変容の主観的体験構造について ほか)
  • 第2部 解離の症候学と構造(解離性幻聴
  • 解離性幻視 ほか)
  • 第3部 解離性障害と統合失調症(解離性障害とシュナイダーの一級症状
  • 初期統合失調症(中安)は統合失調症の初期段階か)
  • 第4部 解離の治療論(解離の治療 総論
  • 解離と「ボーダーライン」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解離の構造 : 私の変容と〈むすび〉の治療論
著作者等 柴山 雅俊
書名ヨミ カイリ ノ コウゾウ : ワタクシ ノ ヘンヨウ ト ムスビ ノ チリョウロン
出版元 岩崎学術出版社
刊行年月 2010.10
ページ数 240, 17p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7533-1008-1
NCID BB03754574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21837357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想