東アジアの日本観 : 文学・信仰・神話などの文化比較を中心に

王敏 編

東アジアにおける異文化の鏡に映った像を手がかりに、日本文化の混成的な素性と性格を、またそれがアジアや世界へと越境していく有り様を浮き彫りにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(序文に代えて) 異文化としての日本-内外の視点
  • 1 日中比較の視点による文化学の展開(仏教受容の仕方から見た日中(印)の比較文化
  • 「五・四運動」勃発原因と日本 ほか)
  • 2 多文化の中における日本文化論(日本文化再訪-多文化主義について
  • 江戸文化研究は中国を必要としている-欧米研究者を事例にして ほか)
  • 3 アジアの現代と日本の相関関係(文明・文化の新しい定義と東アジア
  • 現代韓国における日本研究の変遷と動向 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東アジアの日本観 : 文学・信仰・神話などの文化比較を中心に
著作者等 王 敏
書名ヨミ ヒガシアジア ノ ニホンカン : ブンガク シンコウ シンワ ナド ノ ブンカ ヒカク オ チュウシン ニ
シリーズ名 国際日本学とは何か?
出版元 三和書籍
刊行年月 2010.10
ページ数 412p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-86251-092-1
NCID BB03733472
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21932388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想