格差は拡大しているか : OECD加盟国における所得分布と貧困

OECD 編著 ; 小島克久, 金子能宏 訳

格差・貧困・不平等の拡大は事実なのか?過去20年にわたる国際比較可能なデータをもとに、所得分布、貧困の継続、物質的剥奪、世代間の移動、資産の継承・移転、公的な現物給付などの側面から格差拡大の傾向と貧困の実態を多角的に分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 格差の主な特徴(OECD加盟国の世帯所得の格差:その主な特徴は?)
  • 第2部 格差をもたらす主な要因(人口構造と世帯構造の変化:これらは世帯所得の格差を拡大させているのか?
  • 賃金と所得の格差:相互関係を理解する ほか)
  • 第3部 貧困の特徴(OECD加盟国における貧困:ある時点の所得に基づく評価
  • 所得でみた貧困は長期間継続するか?:パネルデータから分かること ほか)
  • 第4部 格差のその他の側面(世代間の移動性:所得格差を小さくするのかそれとも大きくするのか?
  • 公的な現物給付:これが世帯の経済格差をどのように変えるのか? ほか)
  • 第5部 結論(経済力の分布における不平等:それはどのように変化するのか、その是正のために政府は何ができるのか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 格差は拡大しているか : OECD加盟国における所得分布と貧困
著作者等 Organisation for Economic Co-operation and Development
小島 克久
経済協力開発機構
金子 能宏
OECD
書名ヨミ カクサ ワ カクダイシテイルカ : OECD カメイコク ニ オケル ショトク ブンプ ト ヒンコン
書名別名 Growing unequal?
出版元 明石書店
刊行年月 2010.10
ページ数 344p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7503-3295-6
NCID BB03726728
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21837497
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想