サブプライム危機 : 市場と政府はなぜ誤ったか

滝川好夫 著

2008年、リーマン・ショックを発端に、全世界に混乱をもたらしたサブプライム危機。その芽は、いつ、なぜ生まれたのか。本書はこの経済危機のプロセスを追いかけ、原因を分析するとともに、何を学ぶべきかを考える。さらに、ケインズ、フリードマン、賀川豊彦という知の巨人たちが生きていたらどう診断するかを考え、これからの経済のあり方を模索する。政府と市場、競争と協同の調和を目指した、画期的な入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • サブプライム金融危機を理解するためのポイント
  • 第1部 サブプライムローン問題と世界金融危機(サブプライムローン問題
  • 世界金融危機
  • 世界金融危機への各国の対応
  • 世界金融危機への国際協調)
  • 第2部 サブプライム金融危機から何を学ぶべきか(サブプライムローン問題から学ぶ
  • 世界金融危機から学ぶ
  • 金融資本市場安定対策を学ぶ
  • 金融資本市場のインフラを学ぶ)
  • 第3部 サブプライム金融危機をどう解決するか(オバマはサブプライム危機をどう解決するか
  • ケインズならサブプライム危機をどう解決するか
  • サブプライム危機をどう解決するか-ケインズ、賀川、フリードマンの鼎談)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サブプライム危機 : 市場と政府はなぜ誤ったか
著作者等 瀧川 好夫
滝川 好夫
書名ヨミ サブプライム キキ : シジョウ ト セイフ ワ ナゼ アヤマッタカ
シリーズ名 シリーズ・現代経済学 9
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.10
ページ数 277, 9p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-05854-9
NCID BB03711935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21839545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想