吾妻鏡 : 現代語訳  9 (執権政治)

五味文彦, 本郷和人, 西田友広 編

承久の乱を乗り越えた幕府では、執権北条義時が没し、義時後家伊賀氏とその兄弟が企てた一条実雅・北条政村の将軍・執権擁立計画を封じ、北条泰時が執権に就任する。大江広元・北条政子ら、幕府草創以来の大物が相ついで没するなか、摂関家出身の藤原頼経が将軍に就任し、新御所の造営も行われ、幕府政治は新たな段階へと移行してゆく。貞応元年(1222)〜寛喜二年(1230)。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 貞応元年(一二二二)
  • 貞応二年(一二二三)
  • 元仁元年(一二二四)
  • 嘉禄元年(一二二五)
  • 嘉禄二年(一二二六)
  • 安貞元年(一二二七)
  • 安貞二年(一二二八)
  • 寛喜元年(一二二九)
  • 寛喜二年(一二三〇)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 吾妻鏡 : 現代語訳
著作者等 五味 文彦
喜多 泰史
尹 漢湧
本郷 和人
杉山 巖
田中 奈保
西田 友広
遠藤 珠紀
書名ヨミ アズマカガミ : ゲンダイゴヤク
書名別名 執権政治
巻冊次 9 (執権政治)
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.11
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-02716-8
NCID BB03668621
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21840355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想