初めて台湾語をパソコンに喋らせた男 : 母語を蘇らせる物語

田村志津枝 著

孤立無援の台湾人による台湾語辞書づくりから、複雑多様な台湾の現在が視えてくる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ふるさと
  • 2 戒厳令下の青春
  • 3 台湾語とコンピューター
  • 4 プログラマーに転身
  • 5 キーを叩く日々
  • 6 文字から音へ音から文字へ
  • 7 論争を離れて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初めて台湾語をパソコンに喋らせた男 : 母語を蘇らせる物語
著作者等 田村 志津枝
書名ヨミ ハジメテ タイワンゴ オ パソコン ニ シャベラセタ オトコ : ボゴ オ ヨミガエラセル モノガタリ
出版元 現代書館
刊行年月 2010.10
ページ数 222p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7684-5631-6
NCID BB03664019
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21835293
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想