ポストモダンの人間論 : 歴史終焉時代の知的パラダイムのために

石崎嘉彦 著

古典的人間論の再生による、ポストモダン的ニヒリズムの克服。テロリズム・監視社会・現代的僭主政治など、"近代"の帰結としての現代の諸問題を克服する「倫理的パラダイム」構築の試み。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 二十一世紀を支える理論枠組みとしての人間論
  • 第2章 歴史の思想と「意志の行為」
  • 第3章 歴史の弁証法と人知による社会の制御
  • 第4章 力への意志と相対主義
  • 第5章 テクノロジーと僭主政治
  • 第6章 自然の法と倫理の理法
  • 第7章 テロリズムの恐怖と闇
  • 第8章 共生の時代の権利と法
  • 第9章 ポストモダンの人間論と一般教養教育

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ポストモダンの人間論 : 歴史終焉時代の知的パラダイムのために
著作者等 石崎 嘉彦
書名ヨミ ポストモダン ノ ニンゲンロン : レキシ シュウエン ジダイ ノ チテキ パラダイム ノ タメニ
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2010.10
ページ数 268p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7795-0474-7
NCID BB03655969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21865318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想