室町期荘園制の研究

伊藤俊一 著

[目次]

  • 南北朝〜室町時代の荘園制をめぐる研究の成果と課題
  • 第1部 室町期荘園制の形成と展開(南北朝〜室町時代の地域社会と荘園制
  • 室町幕府の荘園政策
  • 南北朝〜室町時代の荘園領主と守護権力 ほか)
  • 第2部 室町期荘園制の諸相(高井法眼祐尊の一生-南北朝〜室町時代前期における東寺の寺領経営と寺官
  • 「有徳人」明済法眼の半生-室町時代前期における寺院経済転換の一断面
  • 紀伊国における守護役と荘家の一揆 ほか)
  • 総括と課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 室町期荘園制の研究
著作者等 伊藤 俊一
書名ヨミ ムロマチキ ショウエンセイ ノ ケンキュウ
書名別名 Muromachiki shoensei no kenkyu
出版元 塙書房
刊行年月 2010.10
ページ数 496, 14p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8273-1238-6
NCID BB03652279
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21932935
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想