アメリカと宗教

堀内一史 著

アメリカは、二億人を超えるキリスト教徒を抱え、その八割が「天地創造」を信じ、教会出席率・回心体験でも群を抜く保守的な宗教大国である。一九七〇年代以降、宗教右派が政治に参入し、レーガンの大統領当選に貢献するなど、表舞台に登場。二一世紀以降、ブッシュ、オバマは宗教票を無視できなくなった。本書は、世俗への危機意識からリベラル派が衰退し、保守化・政治化していく過程を中心に、アメリカの宗教の実態を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 アメリカ宗教概観
  • 第1章 近代主義と原理主義の闘い-『種の起源』と高等批判
  • 第2章 宗教保守化の背景-南部福音派のカリフォルニア流入
  • 第3章 主流派とリベラリズムの隆盛-一九三〇〜六〇年代の潮流
  • 第4章 原理主義・福音派の分裂-新福音派・福音派左派の登場
  • 第5章 政治的保守の巻き返し-ゴールドウォーターからレーガンへ
  • 第6章 宗教右派の誕生-自閉から政治の世界へ
  • 第7章 大統領レーガンと宗教右派の隆盛-一九八〇〜九〇年代の政治との関係
  • 第8章 共和党ブッシュ政権と宗教右派の結集-政策への関与と"失敗"
  • 第9章 オバマ政権誕生と宗教左派-政教分離と左派意識

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカと宗教
著作者等 堀内 一史
書名ヨミ アメリカ ト シュウキョウ : ホシュカ ト セイジカ ノ ユクエ
書名別名 保守化と政治化のゆくえ

Amerika to shukyo
シリーズ名 中公新書 2076
出版元 中央公論新社
刊行年月 2010.10
ページ数 280p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102076-5
NCID BB03620647
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21845546
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想