温室

平野恵 著

本草学者や大名がこぞって改良に取り組み、『南総里見八犬伝』では犬士の監禁場所となり、大隈重信邸の社交場にもなった、知られざるさまざまな姿を照らしだす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 江戸時代のむろ(温室登場以前の防寒施設-むろの登場以前
  • 唐むろの登場-十八世紀後半〜十九世紀前半
  • むろを使う人たち)
  • 第2部 進化するむろ(穴蔵と洞窟型むろ
  • 岡むろの普及
  • 帯笑園のむろ)
  • 第3部 身近な温室へ(近代温室への模索
  • 二十世紀の幕開け
  • 文学に見る温室
  • より身近な温室へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 温室
著作者等 平野 恵
書名ヨミ オンシツ
シリーズ名 ものと人間の文化史 152
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2010.11
ページ数 285p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-21521-6
NCID BB03619808
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21846668
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想