幕末の世直し万人の戦争状態

須田努 著

暴力を封印し、作法のもとに行われた百姓一揆は、領主への不信や貧富の拡大で変質していく。異形の「悪党」と化し暴力に訴える騒動勢、鎮圧に走る幕府、武装する村々。激動の幕末を襲った暴力の有様を鋭く抉り出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 偃武の社会から"万人の戦争状態"へ-プロローグ
  • 予兆
  • 「悪党」の登場と暴力化する一揆
  • 「悪党」の跳梁と作法の強調
  • はじまる"万人の戦争状態"
  • 世直しと"万人の戦争状態"
  • "今ここにある危機"を生きた人びと-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕末の世直し万人の戦争状態
著作者等 須田 努
書名ヨミ バクマツ ノ ヨナオシ バンニン ノ センソウ ジョウタイ
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 307
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2010.11
ページ数 196p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05707-3
NCID BB03609178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21833164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想