リスクに背を向ける日本人

山岸俊男, メアリー・C.ブリントン 著

安心・安全の「落とし穴」。労働市場・教育・男女の不平等など動きが止まってしまった日本社会の問題点。言葉を使わない、セカンドチャンスがない-実は日本のほうがアメリカよりリスクが高い。日米を代表する研究者二人が日本人の「心と知性」を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本を覆う「リスク回避傾向」
  • 第2章 はしごを外された若者たち
  • 第3章 どこで自分を探すのか?
  • 第4章 決められない日本人
  • 第5章 空気とまわりの目
  • 第6章 なぜ日本人は子どもを産まないのか?
  • 第7章 グローバル化の意味
  • 第8章 女性の能力を生かすには
  • 第9章 ジャパン・アズ・ナンバースリー

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 リスクに背を向ける日本人
著作者等 Brinton, Mary C
山岸 俊男
ブリントン メアリー・C.
書名ヨミ リスク ニ セ オ ムケル ニホンジン
シリーズ名 講談社現代新書 2073
出版元 講談社
刊行年月 2010.10
ページ数 268p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288073-2
NCID BB03598388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21834241
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想