帝国の長い影 : 20世紀国際秩序の変容

木畑洋一, 後藤春美 編著

「帝国」を切り口に描く国際秩序の変容-イギリス帝国を中心とする帝国の国際関係史の視点から捉えなおす、現代世界の構造と変化。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 帝国と国際秩序(液状化する帝国史研究-非公式帝国論の射程
  • 範型としての英帝国-近代日本の国際秩序論の一系譜
  • 非公式支配のほころび-アングロ・イラニアン石油会社の労働問題 ほか)
  • 第2部 帝国間関係(「アジア人」から「ヨーロッパ人」へ-フランス領インドシナにおける日本人の法・行政的処遇
  • 澳門からのアヘン密輸問題とイギリス帝国-一九一三年アヘン協定を中心に
  • 戦後イタリアの「アフリカへの帰還」-小帝国の帝国意識と大帝国との関係)
  • 第3部 帝国とグローバル社会(ニュージーランド女性の国際意識と帝国-二〇世紀の幕開けから両大戦間期まで
  • 中国のロシア人女性難民問題と国際連盟-帝国の興亡の陰で
  • 「帝国の残滓」-ウガンダからのアジア人流入とイギリス政府 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 帝国の長い影 : 20世紀国際秩序の変容
著作者等 後藤 春美
木畑 洋一
書名ヨミ テイコク ノ ナガイ カゲ : 20セイキ コクサイ チツジョ ノ ヘンヨウ
シリーズ名 Minerva西洋史ライブラリー 89
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2010.10
ページ数 272, 7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-05819-8
NCID BB03598344
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21835064
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想