公共する人間  5

ダニエル コール<Daniel E.Cole>;金 泰昌【編】《キム テチャン》

幕末を生き、明治・大正を駆け抜けた稀有な思索の人・奥邃。田中正造との精神的な深い交友をもった「いのちの思想家」の事跡と言行と思想に対して、公共哲学の観点から新たな光をあてる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 発題1 今、わたしに見える新井奥邃の魅力
  • 発題2 新井奥邃と田中正造
  • 発題3 『新井奥邃著作集』と出版人のこころざし
  • 発題4 新井奥邃とスウェーデンボルグ
  • 発題5 近代日本キリスト教思想と新井奥邃
  • 発題6 新井奥邃を公共哲学する
  • 発題7 新井奥邃と野の教育
  • 発題8 新井奥邃における「二而一、一而二」の発想-現代への問いかけ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 公共する人間
著作者等 Corl, Daniel E.
金 泰昌
Daniel E.Cole
ダニエル コール
書名ヨミ コウキョウスル ニンゲン
書名別名 新井奥邃 : 公快共楽の栄郷を志向した越境者
巻冊次 5
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2010.10
ページ数 332p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-014175-8
NCID BB03582220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21874239
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
『新井奥邃著作集』と出版人のこころざし 三浦衛
今,わたしに見える新井奥邃の魅力 コール・ダニエル, コール ダニエル
新井奥邃 : 公快共楽の栄郷を志向した越境者 コール・ダニエル, 金 泰昌
新井奥邃とスウェーデンボルグ 高橋和夫
新井奥邃と田中正造 小松裕
新井奥邃と野の教育 播本秀史
新井奥邃における「二而一,一而二」の発想 阿部仲麻呂
新井奥邃を公共哲学する 金 泰昌
発展協議 コール, 三浦衛, 吉田公平, 小松裕, 播本秀史, 矢崎勝彦, 赤上剛, 金鳳珍, 阿部仲麻呂, 高橋和夫, 金 泰昌
総合討論. 1 コール, 三浦衛, 小松裕, 稲垣久和, 赤上剛, 金 泰昌
総合討論. 2 コール・ダニエル, 吉田公平, 赤上剛, 阿部仲麻呂, 難波征男, 黒住眞, 金 泰昌
近代日本キリスト教思想と新井奥邃 鈴木範久
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想