ゴーレムの生命論

金森修 著

かつてユダヤ教の世界で、魔術の修得の証とされた人造生命"ゴーレム"。その不遜で不敬な夢は、形を変えて現代科学のうちに継承され、現実のものとなりつつある。いま、命の在り方が根本から問い直される。二一世紀、倫理は新たな局面へ-生命創造の「実現」によりもたらされる未来とは?フランケンシュタインから自動人形、iPS細胞まで、人類による生命創造の倫理を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ゴーレムの伝説(伝説の歴史的点描
  • 人間化するゴーレム)
  • 第2部 "怪物"と自動人形(境界線上の"怪物"
  • 機械仕掛けの恋人)
  • 第3部 ゴーレムよ、土に帰れ(未定形の肉塊
  • 亜人の命乞い)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴーレムの生命論
著作者等 金森 修
書名ヨミ ゴーレム ノ セイメイロン
シリーズ名 平凡社新書 548
出版元 平凡社
刊行年月 2010.10
ページ数 221p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85548-7
NCID BB03580677
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21846533
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想