笑雲入明記 : 日本僧の見た明代中国

笑雲瑞キン 著 ; 村井章介, 須田牧子 編

本書は、15世紀半ば日本の僧・笑雲瑞〓(きん)が遣明船に乗り、京都・北京を往復した際の旅行記である。室町時代の遣明船の記録としては最古のもので、当時の日中交流を詳細に描いた一級史料の校訂版。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 笑雲入明記 : 日本僧の見た明代中国
著作者等 村井 章介
瑞訢
笑雲瑞訢
須田 牧子
笑雲 瑞〓
書名ヨミ ショウウン ニュウミンキ : ニホンソウ ノ ミタ ミンダイ チュウゴク
シリーズ名 東洋文庫 798
出版元 平凡社
刊行年月 2010.10
ページ数 359p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-80798-1
NCID BB03576986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21847958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想