急性期呼吸理学療法 : 臨床アプローチ

高橋仁美, 神津玲, 山下康次 編

病態の把握・リスク管理・多職種との連携・人工呼吸管理など臨床現場に求められる急性期呼吸理学療法のエッセンスをまとめた、臨床家による臨床ガイド。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 急性期の問題点と呼吸理学療法の基本的考え方
  • 2章 急性期呼吸理学療法に関連する基礎知識:ミニマム・エッセンス
  • 3章 患者のアセスメント
  • 4章 適用される呼吸理学療法の基本的手技
  • 5章 人工呼吸器と呼吸理学療法
  • 6章 多職種との連携
  • 7章 代表的疾患へのアプローチ
  • 8章 付録

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 急性期呼吸理学療法 : 臨床アプローチ
著作者等 山下 康次
神津 玲
高橋 仁美
書名ヨミ キュウセイキ コキュウ リガク リョウホウ : リンショウ アプローチ
書名別名 Kyuseiki kokyu rigaku ryoho
出版元 メジカルビュー社
刊行年月 2010.10
ページ数 295p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-7583-1130-4
NCID BB03575418
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21831423
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想