作ることの日本近代 : 一九一〇-四〇年代の精神史

伊藤徹 編

「作ること」の視点から日本の近代化を再検討する。物を作り人を作る力とはなにか。近代化のかたちの根源に向かって、夏目漱石・柳宗悦・萬鉄五郎・高田保馬・小原國芳・三木清・中井正一・保田與重郎・堀口捨己などを取り上げ、分野を横断しつつ問いかける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 作ることの日本近代に寄せて
  • 第1章 深淵をなぞる言葉-夏目漱石『彼岸過迄』のパースペクティヴィズム
  • 第2章 作り手の深層-柳宗悦における神秘と無意識
  • 第3章 「個性」の来源-萬鉄五郎・生ける静物
  • 第4章 近代的知の臨界-高田保馬の利益社会化の法則
  • 第5章 "生命"探求の教育-小原國芳の修身科教授論
  • 第6章 虚無のなかの構想力-三木清・技術哲学の立場
  • 第7章 運動としての「模倣」-中井正一の挑戦
  • 第8章 神話の造形-保田與重郎と知/血の考古学
  • 第9章 「手仕事」の近代-地方の手工芸と一九三〇年代
  • 第10章 一九三〇‐四〇年代の建築における「日本的なもの」と行為概念

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 作ることの日本近代 : 一九一〇-四〇年代の精神史
著作者等 伊藤 徹
書名ヨミ ツクル コト ノ ニホン キンダイ : 1910 40ネンダイ ノ セイシンシ
書名別名 Tsukuru koto no nihon kindai
シリーズ名 Sekaishiso seminar
出版元 世界思想社
刊行年月 2010.10
ページ数 295, 4p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7907-1495-8
NCID BB03567839
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21840496
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想