王羲之 : 六朝貴族の世界

吉川忠夫 著

書聖として知られる王羲之(おうぎし)。しかし、ただ偉大な書芸術家としてだけでは王羲之の全体像を覆いつくすことはできない。四世紀、東晋時代の貴族として、傑出した知識人として、王羲之は時代といかに向き合ったのか。本書は王羲之の生涯と生活、思想と信仰の全体像を時代の中で描き、彼の書芸術の背後に存在したものを解明する。関連の文章四篇を合わせて収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 王羲之-六朝貴族の世界(六朝という時代
  • 王羲之の書の探索
  • けわしき世相-王羲之とその時代
  • いかに生きるべきか-王羲之の生活・信仰・思想・芸術)
  • 第2部 王羲之その内面を探る(「喪乱帖」を読む
  • 王羲之と山水
  • 王羲之-生の充実を求めて
  • 王羲之と道教)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 王羲之 : 六朝貴族の世界
著作者等 吉川 忠夫
書名ヨミ オウ ギシ : リクチョウ キゾク ノ セカイ
書名別名 O gishi
シリーズ名 岩波現代文庫 G243
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.10
ページ数 281p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600243-5
NCID BB03557325
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21840536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想