食べる人類誌 : 火の発見からファーストフードの蔓延まで

フェリペ・フェルナンデス=アルメスト 著 ; 小田切勝子 訳

ヒトをサルから離陸させた火の使用、カニバリズムと菜食主義の意外な共通点、海を越えた食材の交換が促したグローバル化-。食べ物こそが、われわれの歴史をつくってきたのだ!世界的な歴史学者が「8つの食の革命」を切り口に人類史を読み直す。古代ローマの祝宴を彩った酒肴から現代の食卓にのぼる遺伝子組み換えトマトまで、古今東西の珍味と興味尽きない逸話がたっぷりのフルコースをご堪能あれ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 調理の発明-第一の革命
  • 第2章 食べることの意味-儀式と魔術としての食べ物
  • 第3章 食べるための飼育-牧畜革命:食べ物の「収集」から「生産」へ
  • 第4章 食べられる大地-食べるための植物の管理
  • 第5章 食べ物と身分-不平等と高級料理の出現
  • 第6章 食べられる地平線-食べ物と遠隔地間の文化交流
  • 第7章 挑戦的な革命-食べ物と生態系の交換
  • 第8章 巨人の食料-十九世紀と二十世紀の食べ物と産業化

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食べる人類誌 : 火の発見からファーストフードの蔓延まで
著作者等 Fernández-Armesto, Felipe
小田切 勝子
Fern'andez‐Armesto Felipe
フェルナンデス=アルメスト フェリペ
書名ヨミ タベル ジンルイシ : ヒ ノ ハッケン カラ ファースト フード ノ マンエン マデ
書名別名 Near a thousand tables

Taberu jinruishi
シリーズ名 ハヤカワ文庫 NF367
出版元 早川書房
刊行年月 2010.6
ページ数 491p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-15-050367-3
NCID BB03554134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21786718
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想