世界で勝てるデジタル家電 : メイドインジャパンとiPad、どこが違う?

西田宗千佳 著

iPadが日本で生まれなかったのには理由がある。世界のモノづくりのルールが変わったのだ。従来のメイドインジャパンのやり方では戦えない。超・量産と「修理するより新品交換」のモノづくりのルールが、いま世界を席巻している。これこそアップル勝利の方程式。メイドインジャパンも「ルールを変える」ことが復活のカギだ。東芝、パナソニックなど、成功例に学べ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-なぜ日本からiPadが登場しなかったのか?
  • 第1章 iPadは何が「すごい」のか
  • 第2章 アップルがしかける「超」量産の時代
  • 第3章 「プラットフォーム」で家電は変わる
  • 第4章 日本は「オーバークオリティー」なのか
  • 第5章 本当に勝つなら「ルール」を変えろ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界で勝てるデジタル家電 : メイドインジャパンとiPad、どこが違う?
著作者等 西田 宗千佳
書名ヨミ セカイ デ カテル デジタル カデン : メイド イン ジャパン ト iPad ドコ ガ チガウ
書名別名 Sekai de kateru dejitaru kaden
シリーズ名 朝日新書 259
出版元 朝日新聞
刊行年月 2010.10
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-02-273359-7
NCID BB03553506
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21838092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想