幻聴の世界 : ヒアリング・ヴォイシズ

日本臨床心理学会 編

音源が分からないのに、音や声が聞こえる現象。幻聴は、社会の医療化のなかで生み出されたもので、本質的に障害ではない。とはいえ、生活に支障をきたすことも多く、障害といえなくもない。従来の医学では薬物療法で対処してきた幻聴を、ヒアリング・ヴォイシズでは体験を重視し、自己と他者の関係性を探求することで、人生をプラスに転じていこうとする。神託か空耳か、疾病か聴声か。誰にも聞こえない声が聞こえる-その本質を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 ようこそ「声」の世界に
  • 第1章 幻聴ってどんなもの?
  • 第2章 幻聴の脳科学
  • 第3章 幻聴と認知行動療法
  • 第4章 幻聴・ナラティブアプローチ
  • 第5章 インタヴォイスの活動
  • 第6章 精神医学と幻聴
  • 第7章 幻聴への新しいアプローチ
  • 附章 回復は孤立のなかでは起こらない

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻聴の世界 : ヒアリング・ヴォイシズ
著作者等 日本臨床心理学会
書名ヨミ ゲンチョウ ノ セカイ : ヒアリング ヴォイシズ
出版元 中央法規
刊行年月 2010.10
ページ数 202p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8058-3369-8
NCID BB03551533
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21825856
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想