戦死とアメリカ : 南北戦争62万人の死の意味

ドルー・ギルピン・ファウスト 著 ; 黒沢眞里子 訳

南北戦争は米国人にとてつもない仕事を与えた。それは、国家救済か分離か、奴隷制廃止か存続か、戦争に勝利するか否か、といった南北戦争世代の欲求とこれまで考えてきたこととは大きく異なるものだった。「いかに死を迎えるべきか」。これまで考えてきた概念を覆す戦争の現実を直視することを余儀なくされたのだ。そして同時に「国家」と「文化」を再定義することにもなった。「死への対処」は南北戦争を生きた米国人の基本的で必要な仕事であった。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死ぬこと-「己の命を捧げる」
  • 第2章 殺すこと-「よりつらい勇気」
  • 第3章 埋葬すること-「死者をケアする新たな経験」
  • 第4章 名前をつけること-「無名という意味ある言葉」
  • 第5章 実感すること-民間人の喪の務め
  • 第6章 信じることと疑うこと-「この大量殺戮にはどのような意味があるのか?」
  • 第7章 説明すること-「死者に対するわれわれの責任」
  • 第8章 数を数えること-「何人?何人?」
  • エピローグ 生き残ること

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦死とアメリカ : 南北戦争62万人の死の意味
著作者等 Faust, Drew Gilpin
黒沢 眞里子
ファウスト ドルー・ギルピン
書名ヨミ センシ ト アメリカ : ナンボク センソウ 62マンニン ノ シ ノ イミ
書名別名 This republic of suffering

Senshi to amerika
出版元 彩流社
刊行年月 2010.10
ページ数 344, 8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7791-1566-0
NCID BB03546453
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21829183
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想