近代ヤクザ肯定論 : 山口組の90年

宮崎学 著

近代ヤクザとは何か?それは日本の近代化が必然的に生み出した存在としてのヤクザ=山口組を意味する。かつて、炭坑や港湾などの下層労働社会、さらには芸能・興行界など、法の支配が及ばぬ領域を統治していたのがヤクザであった。社会とともに変貌を遂げたヤクザ。そして現在、傘下人員4万人ともいわれる強大な組織に成長した山口組、その100年近い歴史をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 山口組の誕生-仲仕からヤクザへ
  • 第2章 新興山口組の発展と衰退-米騒動から敗戦まで
  • 第3章 闇市の混沌のなかから-窮民アウトローとしての出発
  • 第4章 港の顔役-山口組の港湾支配
  • 第5章 大衆芸能の裏側-美空ひばりと山口組
  • 第6章 高度成長と全国制覇-頂点に立った山口組
  • 第7章 被差別民の前楯、後楯-被差別部落・在日コリアン社会とヤクザ
  • 第8章 対抗権力としての近代ヤクザ-山口組壊滅せず
  • 第9章 近代ヤクザの変質と終焉-日本のヤクザが終わるとき

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代ヤクザ肯定論 : 山口組の90年
著作者等 宮崎 学
書名ヨミ キンダイ ヤクザ コウテイ ロン : ヤマグチグミ ノ 90ネン
書名別名 Kindai yakuza kotei ron
シリーズ名 ちくま文庫 み29-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.10
ページ数 462p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42765-6
NCID BB03537962
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21842862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想