水辺にて

梨木香歩 著

水辺の遊びに、こんなにも心惹かれてしまうのは、これは絶対、アーサー・ランサムのせいだ-そう語り始められる本書は、カヤックで湖や川に漕ぎ出して感じた世界を、たゆたうように描いたエッセイ。土の匂いや風のそよぎ、虫たちの音。様々な生き物の気配が、発信され受信され、互いに影響しあって流れてゆく。その豊かで孤独な世界は、物語の根源を垣間見せる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 風の境界
  • ウォーターランド-タフネスについて
  • 発信、受信。この薮を抜けて
  • 常若の国
  • アザラシの娘
  • 川の匂い森の音
  • 水辺の境界線
  • 海からやってくるもの
  • 「殺気」について
  • ゆっくりと〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 水辺にて
著作者等 梨木 香歩
書名ヨミ ミズベ ニテ
書名別名 on the water/off the water
シリーズ名 ちくま文庫 な41-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.10
ページ数 249p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42772-4
NCID BB03532969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21845214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想