イメージで捉える感覚英文法 : 認知文法を参照した英語学習法

今井隆夫 著

日本人と英米人では、事態に対する捉え方が異なるため、「英語は日本語には訳せない、訳すからわからなくなる」ことが多い。ネイティブスピーカーが潜在意識として持っている文法感覚を、英語を日本語に訳すのではなく、イメージで捉えられるようになることを支援。これまでの英語学習ではすっきりしないと感じている大学生や社会人、英語科教育法受講生などを読者対象とした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 和訳は英語をわからなくする-英語は日本語に訳せない・訳すからわからなくなる
  • コミュニケーションに必要な文法とは?-「文法を学ぶこと」と「文法について学ぶこと」は別物
  • 訳すことで生ずる誤解-日本人英語学習者が訳すために勘違いする例
  • 日常言語の中の比喩-人は言葉にできないものを言葉にするために比喩を用いてきた
  • 多義語の意味も、比喩によってつながっている-形が同じならばそこには共通の意味がある
  • 形と意味1(英語の基本構造)
  • aとtheの使い方
  • 名詞の二つの用法-名詞に可算・不可算という区分があるの?
  • 時制の表現法-英語には時制がいくつあるかと思いますか?
  • 相の概念(単純・進行・完了)〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イメージで捉える感覚英文法 : 認知文法を参照した英語学習法
著作者等 今井 隆夫
書名ヨミ イメージ デ トラエル カンカク エイブンポウ : ニンチ ブンポウ オ サンショウシタ エイゴ ガクシュウホウ
シリーズ名 開拓社言語・文化選書 20
出版元 開拓社
刊行年月 2010.10
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7589-2520-4
NCID BB03528804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21932201
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想