国際移住の社会学 : 東アジアのグローバル化を考える

田嶋淳子 著

[目次]

  • はじめに-グローバル化の社会学から東アジアを考える
  • 国際移住の社会学とは-方法論をめぐる課題
  • 第1部 送り出し社会の構造変容(国際移住からみた中国社会
  • return migrantsとしての中国系移住者-北京・上海・福建調査結果から
  • 2つの地域の物語-ケース・スタディからの分析
  • 中国における海外への労働者送り出し政策と研修生事業)
  • 第2部 受け入れ社会の構造変容(郊外居住と中国系移住者
  • 韓国系ニューカマーズの生活と意義-新宿区大久保地区調査から
  • 中国系移住者の移住プロセスとボランタリー・アソシエーション)
  • 第3部 リージョナル・レベルの社会変容(中台関係と東アジアにおける国際移住)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際移住の社会学 : 東アジアのグローバル化を考える
著作者等 田嶋 淳子
書名ヨミ コクサイ イジュウ ノ シャカイガク : ヒガシアジア ノ グローバルカ オ カンガエル
書名別名 Kokusai iju no shakaigaku
シリーズ名 明石ライブラリー 141
出版元 明石書店
刊行年月 2010.10
ページ数 344p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-3278-9
NCID BB03523174
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21835216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想