ジャン=ピエール・デュプレー : 黒い太陽 : 1930-1959

星埜守之 著

「ぼくはこの惑星にアレルギーがあるんだ」といい残し、29歳で自ら命を断ったジャン=ピエール・デュプレー。単語の解体/捏造/増殖によって、ことばに新次元の可能性をつけ加える、その戦略的な詩を精読するとともに、あらたな局面を迎えつつあった当時のシュルレアリスム運動全体の動向をたどる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 シュルレアリスム的解決
  • 第2章 少年詩人の誕生-ランボーの方へ
  • 第3章 「おのれの分身の背後に」
  • 第4章 デュプレーとシュルレアリスム
  • 第5章 「終焉と流儀」へ
  • 付録1 ジャン=ピエール・デュプレー詩集抄
  • 付録2 資料集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジャン=ピエール・デュプレー : 黒い太陽 : 1930-1959
著作者等 星埜 守之
書名ヨミ ジャン ピエール デュプレー : クロイ タイヨウ
書名別名 Jean-Pierre Duprey
シリーズ名 シュルレアリスムの25時
出版元 水声社
刊行年月 2010.10
ページ数 225p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89176-764-8
NCID BB03520052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21833461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想