捕食者なき世界

ウィリアム・ソウルゼンバーグ 著 ; 野中香方子 訳

生物多様性は、なぜ崩壊しているのか。カンブリアの海から都市化する現代へ、その謎を解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ハイイログマとの邂逅
  • 第1章 ヒトデの腕
  • 第2章 捕食と進化
  • 第3章 ラッコが守る森
  • 第4章 恐るべきハンター
  • 第5章 生態系のメルトダウン
  • 第6章 バンビの復讐
  • 第7章 小さなモンスターたち
  • 第8章 恐怖によるコントロール
  • 第9章 ピューマが守る谷
  • 第10章 アメリカ再野生化プロジェクト
  • 第11章 孤独な捕食者
  • エピローグ 人は再び自然を愛せるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 捕食者なき世界
著作者等 Stolzenburg, William
野中 香方子
高槻 成紀
ソウルゼンバーグ ウィリアム
書名ヨミ ホショクシャ ナキ セカイ
書名別名 Where the wild things were
出版元 文藝春秋
刊行年月 2010.9
ページ数 357p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-16-372950-3
NCID BB03493991
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21824251
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想