ワトソン遺伝子の分子生物学

James D.Watson, Tania A.Baker, Stephen P.Bell, Alexander Gann, Michael Levine, Richard Losick 著 ; 中村桂子 監訳 ; 滋賀陽子, 中塚公子, 宮下悦子 訳

大量のゲノム配列データから明らかになったことは?RNAiやmiRNAに見るように調節分子としてのRNAの新機能とは?ポストゲノム時代を担うシステム生物学とは?3つの新たな飛躍を加えて旧版を全面的に改訂。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 化学と遺伝子(メンデルの見た世界
  • 核酸が遺伝情報を伝える ほか)
  • 2 ゲノムの維持(DNAとRNAの構造
  • ゲノム構造、クロマチン、ヌクレオソーム ほか)
  • 3 ゲノムの発現(転写のしくみ
  • RNAスプライシング ほか)
  • 4 調節(原核生物の転写調節
  • 真核生物の転写調節 ほか)
  • 5 方法(分子生物学の研究技術
  • モデル生物)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ワトソン遺伝子の分子生物学
著作者等 Baker, Tania
Baker, Tania A
Bell, Stephen P
Gann, Alexander
Levine, Michael S.
Losick, Richard
Watson, James D.
中塚 公子
中村 桂子
宮下 悦子
滋賀 陽子
Levine Michael
Baker Tania A.
書名ヨミ ワトソン イデンシ ノ ブンシ セイブツガク
書名別名 Molecular biology of the gene.6th ed
出版元 東京電機大学出版局
刊行年月 2010.10
版表示 第6版
ページ数 848p
大きさ 28cm
ISBN 978-4-501-62570-2
NCID BB03480300
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21837017
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想