ガリレオの振り子

ロジャー・ニュートン [著] ; 豊田彰 訳

「ガリレオの振り子」の周期運動を頼りに、科学が時間をどうにか飼いならしていく歴史を概観する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生物が記録する時間-身体のリズム
  • 2 カレンダー-さまざまなドラマーたち
  • 3 初期の時計-手作りのビート
  • 4 振り子時計-自然のビート
  • 5 その後の時計-どこにいてもわかる時間
  • 6 アイザック・ニュートン-振り子の物理学
  • 7 音と光-どこにもある振動
  • 8 量子-振動子が粒子を作る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ガリレオの振り子
著作者等 Newton, Roger G.
豊田 彰
ニュートン ロジャー
書名ヨミ ガリレオ ノ フリコ : ジカン ノ リズム カラ ブッシツ ノ セイセイ エ
書名別名 Galileo's pendulum

時間のリズムから物質の生成へ
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 945
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2010.10
ページ数 170p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-588-00945-7
NCID BB03476085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21847333
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想