紫式部・定家を動かした物語 : 謙徳公の書いた豊蔭物語

堤和博 著

藤原伊尹(謙徳公)が自分を卑官の人物・倉橋豊蔭に仮託し、八人の女性たちとの恋愛遍歴を歌物語風につづった、豊蔭物語。その内容については、源氏物語の柏木と女三の宮の恋物語を紫式部が着想する契機にもなったといわれ、物語中の冒頭和歌は小倉百人一首にも収載された。紫式部と藤原定家とを動かした作品でありながら、知られざる古典であった豊蔭物語を読む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 豊蔭物語の文学史上の位置-伊勢物語・私家集・歌語りのことなど
  • 豊蔭物語の構成-八人の女達と序文・語り手
  • 1段(序段) 「豊蔭に異ならぬ女」との恋-百人一首45番の歌
  • 2段 「宮仕へする人」(小野好古女)との恋
  • 3段 「大炊の御門わたりなりける人」との恋
  • 4段 「忍びて住みわたりける人」との恋
  • 5段 「内裏わたりなりける人」との恋
  • A部の跋文
  • 6段 「西の京わたりなりける女」との恋
  • 7段 「中の御門わたりなりける女」(本院侍従)との恋〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紫式部・定家を動かした物語 : 謙徳公の書いた豊蔭物語
著作者等 堤 和博
書名ヨミ ムラサキ シキブ サダイエ オ ウゴカシタ モノガタリ : ケントクコウ ノ カイタ トヨカゲ モノガタリ
書名別名 Murasaki shikibu sadaie o ugokashita monogatari
シリーズ名 新典社新書 52
出版元 新典社
刊行年月 2010.9
ページ数 159p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-7879-6152-5
NCID BB03473214
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21840016
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想