漂流するトルコ : 続「トルコのもう一つの顔」

小島剛一 著

政府に弾圧され続けるトルコの少数民族の言語と、その生活の実態を、スパイと疑われながら、調査し続けた著者。前著『トルコのもう一つの顔』(中公新書)が、まるで推理小説のようなスリルに満ちた物語と、著者の少数民族に対する愛情に涙が出たと絶賛され、長らく続編が待望されながら20年。前著でトルコを国外追放されたあと、再びトルコへの入国を果たし、波瀾万丈のトルコ旅行が開始される。著者の並外れた行動力と、深い知識、鋭い洞察力が生み出した画期的トルコ紀行。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • トルコ・ギリシャ国境から帰仏
  • あるアレウィー教徒
  • 本を書こう
  • トルコ民主化の兆し
  • 再びトルコの土を踏む
  • トルコ大使たち
  • フランスの新聞とトルコの新聞
  • トルコの言語状況に関する報告書
  • ラズ人とヘムシン人
  • クルド語、ザザ語、ウブフ語、ラズ語…
  • 諜報機関さまざま
  • トルコのメディア
  • 出版倫理
  • 『ラズ語文法』を友人たちに

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 漂流するトルコ : 続「トルコのもう一つの顔」
著作者等 小島 剛一
書名ヨミ ヒョウリュウスル トルコ : トルコ ノ モウ ヒトツ ノ カオ
書名別名 Hyoryusuru toruko
出版元 旅行人
刊行年月 2010.9
ページ数 349p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-947702-68-5
NCID BB03462637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21903311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想