場末の酒場、ひとり飲み

藤木TDC 著

繁華街でも商店街でもない場所にぽつんとある鄙びた酒場。破れた赤提灯、煤けた暖簾、汚れた引き戸。一見客を突き放す閉鎖的な空気を漂わせている。愛想をふりまく看板も品書きもない。どんな店主が経営し、どんな客が集まっているか。どうしてこんな場所に飲み屋があるか。場末の酒場にはそんな疑問がわくが、そこには現代史とも密接な関係を持った歴史があり、個性的な店主と常連客の人情が息づいているのだ。場末の酒場には、酒徒の好奇心を満足させる物語と流儀がある。日常のしがらみに疲れた人間を癒す、酒飲み心の原風景とは。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 場末酒場を探して
  • 第2章 露店換地の飲み屋
  • 第3章 工場街の飲み屋
  • 第4章 色街の飲み屋
  • 第5章 今はなき場末酒場
  • 第6章 場末酒場の流儀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 場末の酒場、ひとり飲み
著作者等 藤木 TDC
書名ヨミ バスエ ノ サカバ ヒトリノミ
シリーズ名 ちくま新書 868
出版元 筑摩書房
刊行年月 2010.10
ページ数 204p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06571-1
NCID BB03453319
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21842636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想