専門職後見人と身上監護

上山泰 著

市民後見人について新たな章を設け、その意義・位置づけから、養成・活用に向けた課題までを詳説。成年被後見人の選挙権をはじめとする成年後見制度の転用問題、能力制限の廃止・縮減、後見報酬のあり方などについても重点的に加筆。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 専門職後見人による成年後見
  • 成年後見の社会化
  • 成年後見の基本理念
  • 成年後見人の諸類型
  • 身上監護の法的根拠-民法858条の意義
  • 身上監護に関連する職務範囲
  • 居住用不動産の処分
  • 「社会化」が産んだ実務のアポリア
  • 職務権限行使の際の留意点
  • 専門職後見人の活用方法
  • 市民後見人
  • 「社会化」の現在と未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 専門職後見人と身上監護
著作者等 上山 泰
書名ヨミ センモンショク コウケンニン ト シンジョウ カンゴ
書名別名 Senmonshoku kokennin to shinjo kango
出版元 民事法研究会
刊行年月 2010.10
版表示 第2版.
ページ数 319p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-89628-637-3
NCID BB03432443
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21935012
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想