治療の場所と精神医療史

橋本明 編著

[目次]

  • 第1章 精神医療における場所の歴史-「そこにしかない」場所と「どこにでもある」場所
  • 第2章 湯治場における精神病治療-宮城県定義の「山中の癲狂院」
  • 第3章 滝湯の精神病者-群馬県の室田不動と瀧澤不動
  • 第4章 地域によって異なる「参篭」のかたち-千葉県の場合
  • 第5章 山里に暮らす精神病者-静岡県竜爪山穂積神社の場合
  • 第6章 「水治療」からは見えないこと-富山県大岩山日石寺の場合
  • 第7章 精神病者預かりを可能にしたもの-京都府岩倉の場合
  • 第8章 霊場生駒山地の一民間療法-戦前大阪府下の精神病者収容施設「星田妙見道場」
  • 第9章 民間治療場から精神病院へ-徳島県阿波井神社の場合

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 治療の場所と精神医療史
著作者等 橋本 明
書名ヨミ チリョウ ノ バショ ト セイシン イリョウシ
出版元 日本評論社
刊行年月 2010.9
ページ数 251p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-98335-9
NCID BB03422381
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21818604
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想