天才だもの。 : わたしたちは異常な存在をどう見てきたのか

春日武彦 著

伝記からフィクションまで、いつも奇人変人扱いされてきた「天才」たち。この非凡な才能をめぐる俗説を検証すると同時に、そこに潜んでいる平凡なわたしたちの愛憎を鋭く分析。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 天才とホルマリン液
  • 1 文学-天才の条件(芸名・自動車教習・月の光
  • 天才は誰か
  • 狂女伝説)
  • 2 美術-天才と天才ならざるもの(天才画
  • キッチュ的
  • マンネリ王
  • 嫉妬と喝采
  • 惨めな日々)
  • 3 記憶-無名の天才たち(燃える家
  • ノスタルジー
  • 発明家
  • 巷の天才たち)
  • 結 天才とは何か

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天才だもの。 : わたしたちは異常な存在をどう見てきたのか
著作者等 春日 武彦
書名ヨミ テンサイ ダモノ : ワタシタチ ワ イジョウナ ソンザイ オ ドウ ミテキタノカ
書名別名 Tensai damono
出版元 青土社
刊行年月 2010.10
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6568-3
NCID BB03418420
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21824734
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想