宮本常一とあるいた昭和の日本  12

田村 善次郎;宮本 千晴【監修】

昭和の暮らしと心が、今、甦る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一枚の写真から-砂丘に松をうえる
  • 鎌倉-中世の跡を訪ねて
  • 佐渡を訪ねて-船と小木岬の村
  • 松本の四季
  • 回想の青ヶ島
  • 宮本常一が撮った写真は語る-東京都新島・式根島
  • 山に暮らす日々-新潟県岩船郡朝日村三面

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮本常一とあるいた昭和の日本
著作者等 宮本 千晴
宮本 常一
森本 孝
田村 善次郎
須藤 功
書名ヨミ ミヤモト ツネイチ ト アルイタ ショウワ ノ ニホン
書名別名 関東甲信越. 2
シリーズ名 あるくみるきく双書
巻冊次 12
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2011.4
ページ数 222p
大きさ 23cm
ISBN 978-4-540-10212-7
NCID BB03400753
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21932834
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
関東甲信越. 2 森本 孝
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想