オスは生きてるムダなのか

池田清彦 著

38億年前、生物が地球上に現れて以来、生物の細胞系列は生き続けてきた。性が誕生すると生物は劇的に変化し、限りない多様性やあらゆる能力と引き替えに、「死ぬ能力」をも獲得する。一回の生殖で一生分の精子を貯める女王バチ、口が退化し寿命が3日しかないアカシュウカクアリのオス、個体で性別を変化させるミミズ…。生物によって異なる性の決定システムから、ヒトの性にまつわる話まで、生物の性の不思議に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜオスとメスがあるのか(何のためにオスとメスがあるのか
  • 「性がある」デメリット ほか)
  • 第2章 性の起源と死の起源(生命の起源
  • 細菌の誕生 ほか)
  • 第3章 性の進化(真核生物における性の起源
  • 大小の誕生 ほか)
  • 第4章 人間の性決定と性にまつわる話(女は実体、男は情報
  • 人間の性を決定する遺伝子 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オスは生きてるムダなのか
著作者等 池田 清彦
書名ヨミ オス ワ イキテル ムダ ナノカ
シリーズ名 角川選書 469
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2010.9
ページ数 193p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-703469-3
NCID BB03397502
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21829839
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想