精神療法面接の多面性 : 学ぶこと、伝えること

成田善弘 著

専門家としての責任、理想と現実の妥協点を探ること、面接場面における対処の仕方など、実際の臨床現場からフィードバックされた有用な臨床知見が満載。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 精神科臨床の多面性
  • 精神療法を学ぶこと、伝えること-一精神科医のライフサイクル
  • 逆転移を通して学ぶ
  • 昨今の青年期病像にみる意識と無意識
  • 境界例-病態モデルと精神療法
  • 境界例とのかかわり-「援助」という視点
  • 強迫の精神病理と精神療法の展開
  • 解離をめぐる問題の所在
  • 精神療法家の訓練
  • 患者から学ぶ-治療者の介入に対する患者のコメント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 精神療法面接の多面性 : 学ぶこと、伝えること
著作者等 成田 善弘
書名ヨミ セイシン リョウホウ メンセツ ノ タメンセイ : マナブ コト ツタエル コト
書名別名 Seishin ryoho mensetsu no tamensei
出版元 金剛
刊行年月 2010.9
ページ数 230p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7724-1153-0
NCID BB03363216
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21825091
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想