東京のハーケンクロイツ : 東アジアに生きたドイツ人の軌跡

中村綾乃 著

ドイツから遠く離れた東アジアの地に暮らすドイツ人は、本国と異なる状況下でどのようにナチズムと向き合い、いかにそれを信奉していったのか。公文書や当事者へのインタビューなどから、「ドイツらしさとは何であったか」を明らかにしていく。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ドイツ商人と東アジア
  • 第2章 東アジアのドイツ人学校
  • 第3章 東アジアのドイツ人社会とナチズム
  • 第4章 ナチ的な統制と地域性
  • 第5章 日本のドイツ人社会とナチズム
  • 第6章 GHQ占領下の「ナチズムの清算」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 東京のハーケンクロイツ : 東アジアに生きたドイツ人の軌跡
著作者等 中村 綾乃
書名ヨミ トウキョウ ノ ハーケンクロイツ : ヒガシアジア ニ イキタ ドイツジン ノ キセキ
出版元 白水社
刊行年月 2010.10
ページ数 260, 36p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-560-08089-4
NCID BB03361902
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21828082
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想