子ども中心プレイセラピー

ジャネット・ウエスト 著 ; 倉光修 監訳 ; 串崎真志, 串崎幸代 訳

プレイセラピーでつまずきやすい具体的な問題に手取り足取りで応えるガイドブック。導入から終結まで、プレイセラピーの要点を丁寧にピックアップ。「こういうときにはどうすればよいか」にひらめきを与える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 導入(トビーの事例
  • 遊びとプレイセラピー
  • 社会のなかの子ども)
  • 第2部 プレイセラピーの実際(リファー(紹介)を受ける
  • 初回セッション
  • 役割、関係、言葉
  • おもちゃの使用、あるいは、遊びがベースにある活動
  • 芸術療法
  • ハイブリッド・プレイ・ティムの事例
  • プレイセラピーのプロセスと評価
  • 終結
  • 特殊な問題
  • グループ・プレイセラピー)
  • 第3部 治療的な役割(プレイセラピストの資質
  • カウンセリング技法
  • 関連する実践上の問題)
  • 第4部 プレイセラピーの背景(プレイセラピーの歴史と理論
  • 無意識と象徴
  • 別れのとき:子どもとプレイセラピスト)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子ども中心プレイセラピー
著作者等 West, Janet
串崎 幸代
串崎 真志
倉光 修
ウエスト ジャネット
書名ヨミ コドモ チュウシン プレイ セラピー
書名別名 Child centred play therapy.2nd ed

Kodomo chushin purei serapi
出版元 創元社
刊行年月 2010.9
ページ数 356p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-422-11502-3
NCID BB03351035
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21862171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想