アルベロス3つの半円がつくる幾何宇宙

奥村博, 渡邉雅之 著

3つの半円からなる単純な図形アルベロスが、なぜこれほどまでに人を惹きつけるのか。とりわけそこから生成されるアルキメデスの双子の円をめぐっては、古代ギリシアの時代から今日にいたるも、つぎつぎと新しい研究が生まれている。なんと和算にも同じ図形が登場する。ここで紹介するのは研究の最前線だ。ようこそアルベロスへ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アルベロス研究小史
  • 2 反転
  • 3 アルベロスの等分化
  • 4 歪んだアルベロス
  • 5 新しいアルキメデスの円
  • 6 和算におけるアルベロス再訪
  • 7 引き継がれるアルベロスの魅力

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アルベロス3つの半円がつくる幾何宇宙
著作者等 奥村 博
渡邉 雅之
書名ヨミ アルベロス 3ツ ノ ハンエン ガ ツクル キカ ウチュウ
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 174
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.9
ページ数 106p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029574-1
NCID BB03323095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21830171
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想