絢爛たる影絵

高橋治 著

日本映画において独自のスタイルを確立し海外での評価も高い巨匠・小津安二郎。その人間と作品の魅力を「東京物語」の助監督をつとめた直木賞作家が見事に描き出したノンフィクション・ノベル。原節子、岸恵子、杉村春子らのエピソードや撮影秘話もまじえ、名場面を考察する。戦中に軍部報道映画班としてシンガポールに赴任していた時代を描いた短編「幻のシンガポール」を併録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 絢爛たる影絵
著作者等 高橋 治
書名ヨミ ケンランタル カゲエ : オズ ヤスジロウ
書名別名 小津安二郎

Kenrantaru kagee
シリーズ名 岩波現代文庫 B175
出版元 岩波書店
刊行年月 2010.9
ページ数 422p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-602175-7
NCID BB03318991
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21834372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
幻のシンガポール 高橋 治
絢爛たる影絵 高橋 治
解説 E.G.サイデンステッカー
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想