国語科教科内容の系統性はなぜ100年間解明できなかったのか : 新学習指導要領の検証と提案

科学的『読み』の授業研究会 編

国語という教科が成立したのは、1900年のことである。それ以来、国語科の「教科内容の系統性」は曖昧なまま放置され続けてきた。そのことは、日本で最も影響力のある教科内容「学習指導要領・国語」にわかりやすいかたちで顕在化している。なぜ、小学校3・4年生で「登場人物の性格や気持の変化」を学び、5・6年生で「登場人物の相互関係」を学び、中学校3年生で「登場人物の設定」について学ぶのか。この順序にどんな必然性があるのか?「構造」「形象」「レトリック」「論理」「吟味」のキーワードを核としながら、「教科内容の系統化」について大胆な試案作成を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 国語科の教科内容の「系統性」を解明する(問題提起
  • 物語・小説の系統性 ほか)
  • 2 「系統性」を重視した新しい国語の授業づくり(詩の技法を生かした授業-「比喩」「反復」をどう読むか
  • 新聞記事を読む力を育てるNIEの授業-京北オリンピック・聖火リレーの記事を読み解く ほか)
  • 3 小学校・古典「竹取物語」の1時間の全授業記録とその徹底分析(『竹取物語』(冒頭)-かぐや姫の発見-の1時間の全授業記録
  • 授業へのコメント(似た言葉の違いを考えることの大切さ
  • 小学5年生の古文の授業方法「何でだろう」と謎解きをするように古文を読ませる) ほか)
  • 4 国語科教育の改革-教科内容の「系統性」に関する提言(言語思考力育成系統化の一考察-『モアイは語る』を例に推論(対比と類比)の方法
  • 「系統性」の複雑性をめぐるメモ ほか)
  • 5 国語の教科内容の「系統性」を考えるための読書案内-私が勧めるこの一冊(『"解釈"と"分析"の統合をめざす文学教育』(鶴田清司著)
  • 『西郷竹彦文芸・教育全集3 国語科の全体像』 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国語科教科内容の系統性はなぜ100年間解明できなかったのか : 新学習指導要領の検証と提案
著作者等 科学的読みの授業研究会
科学的『読み』の授業研究会
書名ヨミ コクゴカ キョウカ ナイヨウ ノ ケイトウセイ ワ ナゼ 100ネンカン カイメイデキナカッタノカ : シン ガクシュウ シドウ ヨウリョウ ノ ケンショウ ト テイアン
シリーズ名 国語授業の改革 10
出版元 学文社
刊行年月 2010.8
ページ数 187p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7620-2105-3
NCID BB03317194
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21820317
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想