ベッドルームで群論を : 数学的思考の愉しみ方

ブライアン・ヘイズ 著 ; 冨永星 訳

数学の専門家ではない著者が、玄人筋の支持を得ているのもうなずける。ヘイズは科学を歪めることなしに、数学的思考ツールの妙味をひきだす書き手だ。一次文献はもちろん、しばしばコンピュータの力も借りて、素朴な疑問の奥にひそむ数理科学の愉しさを垣間見せてくれる。各編に、かならず興味深い趣向がほどこされている。たとえば万年時計についての瞑想が、環境危機をめぐる現在の社会心理の一面を映しだす、といった具合。共感した数学者や数学愛好家がこぞってアイデアを持ち寄り、エッセイに絶妙なひねりを加えているのも、心憎い一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ベッドルームで群論を
  • 資源としての「無作為」
  • 金を追って
  • 遺伝暗号をひねり出す
  • 死を招く仲違いに関する統計
  • 大陸を分ける
  • 歯車の歯について
  • 一番簡単な難問
  • 名前をつける
  • 第三の基数
  • アイデンティティーの危機
  • 長く使える時計

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベッドルームで群論を : 数学的思考の愉しみ方
著作者等 Hayes, Brian
冨永 星
ヘイズ ブライアン
書名ヨミ ベッドルーム デ グンロン オ : スウガクテキ シコウ ノ タノシミカタ
書名別名 Group theory in the bedroom
出版元 みすず書房
刊行年月 2010.9
ページ数 295, 24p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-622-07548-6
NCID BB03314130
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21824167
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想