その後の不自由 : 「嵐」のあとを生きる人たち

上岡陽江, 大嶋栄子 著

トラウマティックな事件があった-専門家による援助が終わった-その後、彼女たちはどうやって生き延びてきたか。「普通の生活」の有り難さをめぐる当事者研究の最前線。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 私たちはなぜ寂しいのか
  • 2 自傷からグチへ
  • 3 生理のあるカラダとつきあう術
  • 4 「その後の不自由」を生き延びるということ-Kさんの聞き取りから
  • 5 生き延びるための10のキーワード(身体に埋め込まれた記憶
  • メンテナンス疲れ
  • 遊ぶ
  • 時間の軸 ほか)
  • 6 対談 では援助者はどうしたらいい?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 その後の不自由 : 「嵐」のあとを生きる人たち
著作者等 上岡 陽江
大嶋 栄子
書名ヨミ ソノゴ ノ フジユウ : アラシ ノ アト オ イキル ヒトタチ
シリーズ名 シリーズケアをひらく
出版元 医学書院
刊行年月 2010.9
ページ数 261, 4p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-260-01187-7
NCID BB03302936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21957023
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想