デジタル書物学事始め : グーテンベルク聖書とその周辺

安形麻理 著

「デジタル化」の進行によって、書物研究には明るい展望が開けている。グーテンベルク聖書をはじめとした活版印刷術の黎明期の研究を中心に、デジタル画像やコンピュータを活用した「デジタル書物学」の「現在」を紹介する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 活版印刷術の誕生
  • 第2章 解体・グーテンベルク聖書
  • 第3章 書物研究とデジタル画像
  • 第4章 デジタル画像を用いた校合手法
  • 第5章 デジタル画像を用いたグーテンベルク聖書の校合
  • 第6章 デジタル書物学事始め

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 デジタル書物学事始め : グーテンベルク聖書とその周辺
著作者等 安形 麻理
書名ヨミ デジタル ショモツガク コトハジメ : グーテンベルク セイショ ト ソノ シュウヘン
シリーズ名 ネットワーク時代の図書館情報学
出版元 勉誠
刊行年月 2010.9
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-585-05429-0
NCID BB03302710
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21827386
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想